BootCampでWindows11をクリーンインストール

  1. BootCampはWindows11未対応
      1. ISOファイルのダウンロード
          1. まずは、Windows10のISOファイルをダウンロードします。
          2. つづいて、Windows11のISOファイルをダウンロードします。
          3. スクロールした中ほどにISOのダウンロードボタンがあります。
      2. インストールイメージの作成
          1. ダウンロードしたWindows10のISOファイルを開き、マウントしたドライブの中を開きます。
          2. 新規フォルダを任意の場所(デスクトップなど)に作成して、WIndows10のISOの中身をコピーします。
          3. 同じくダウンロードしたWindows11のISOファイルを開き、マウントしたドライブの中を開き、その中のsources/install.wim(windows イメージ)をコピーします。
          4. Windows11からコピーした”install.wim”を先ほど作成したフォルダ “create”の中のsources/”install.wim”と入れ替えます。
          5. “install.wim”を入れ替えた”create”フォルダを、ISOファイルに変換します。
          6. Toastのデータタブにして”create”フォルダをドラッグ、”DVD-ROM(UDF)を選択します。
          7. 保存先を”イメージファイル”にして、書き込みします。
          8. 出来上がったファイルの拡張子を”.toast”から”.iso”変更します。
      3. インストール
          1. ISOファイルが出来たら、BootCampアシスタントを起動してファイルを選択しインストールを開始します。
          2. BootCampアシスタントが進み、Windows11のインストールが開始されます。
      4. 最後に
    1. 関連

BootCampはWindows11未対応

まず最初に、BootCampはWindows 11には対応していません。原因はMacがTPM2.0に対応していないからです。 
TPM…Trusted Platform Moduleの略
チップに搭載されたセキュリティ処理を施す部品のことです。 Macでは、T1チップ、T2チップというが搭載されています。基本的にWindows11は、このTPM2.0に対応していないとインストールができないということになります。

BootCampにWindows11を入れる方法はいくつかあります。私も考えられるものは試しています。
Windows10からWindows11へアップグレードインストール(appraiserres.dllの置き換え)、BootCampを使わずにUEFIでインストールなどなど。

今回ご紹介する方法は、BootCamp通常の方法に少し手を加える方法となります。

Windows11の.wim(Windows イメージ)をWindows10に入れ替えてTPM2.0のチェックをバイパスしてインストールする方法となります。正式手順ではないので、今後動作的に問題がでてくるかもしれない方法ですので、自己責任にて行ってください。

ISOファイルのダウンロード

まずは、Windows10のISOファイルをダウンロードします。
つづいて、Windows11のISOファイルをダウンロードします。
スクロールした中ほどにISOのダウンロードボタンがあります。

インストールイメージの作成

ダウンロードしたWindows10のISOファイルを開き、マウントしたドライブの中を開きます。
新規フォルダを任意の場所(デスクトップなど)に作成して、WIndows10のISOの中身をコピーします。

任意のフォルダ名、ここでは”create”とします。
コピーが完了したら、マウントしているWindows10のISOはアンマウントしておくことをお勧めします。(Windows11とややこしくなるため)

同じくダウンロードしたWindows11のISOファイルを開き、マウントしたドライブの中を開き、その中のsources/install.wim(windows イメージ)をコピーします。

※デスクトップにコピーしてもOK

Windows11からコピーした”install.wim”を先ほど作成したフォルダ “create”の中のsources/”install.wim”と入れ替えます。
“install.wim”を入れ替えた”create”フォルダを、ISOファイルに変換します。
通常Macの場合、フォルダからISO変換だと”ディスクユーティリティ”を使用するのですが、BootボリュームとしてBootCampで認識しないため、サードパーティー製品を使用します。
ここでは、Toast Titaniumを使用します。
Toastのデータタブにして”create”フォルダをドラッグ、”DVD-ROM(UDF)を選択します。
保存先を”イメージファイル”にして、書き込みします。

任意のファイル名にて保存(ここではwindows11_bootcamp)

出来上がったファイルの拡張子を”.toast”から”.iso”変更します。

インストール

ISOファイルが出来たら、BootCampアシスタントを起動してファイルを選択しインストールを開始します。

※ライティングソフト及び設定などでインストールが出来ないことがあります。私もいくつかチャレンジしましたが、かなり打率が悪かったです。

BootCampアシスタントが進み、Windows11のインストールが開始されます。

最後に

いくつかの世代のIntel Macでインストールテストを行っていますが、Updateなど含め問題は出ておりません。重ねて書きますが、くれぐれも自己責任にて行ってください。

タイトルとURLをコピーしました