10.14 MojaveにCS4を入れてみる

macOS 10.14でAdobe CS4は動作するのか!?

この記事は

動作検証シリーズ
macOS 10.14 MojaveでAdobe CS4の動作検証を行いました。
CS4もこれまで何度かインストールはしているのですが、備忘録として検証していきます。

2008年12月にリリースされたAdobe CS4 (Creative Suite 4)

Adobe CS4 Illustrator / Photoshopの対応MacOS

  Mac OS 10.3 Mac OS 10.4 Mac OS 10.5 Mac OS 10.6
Illustrator CS4  Ver.14.0 × 10.4.11~
Photoshop CS4 Ver.11.0 × 10.4.11~  △
使用機材詳細

使用機材                 

  • MacBook Air 13inch / E2015
  • 1.6GHz intel Core i5
  • 8GB 1600MHz DDR3
  • SSD 256GB
  • macOS Mojave 10.14.6

機器別のOS対応情報はこちらから

CS4をインストール

CS4のインストーラーは、ISOイメージを使用しています。

インストーラーを起動します。
ライセンス入力画面になりますので、体験版としてインストールします。
シリアル番号入力をするとエラーになることがありますので念のため後から入力します。

インストールを進めていき、完了します。

起動するとJava SE6 ランタイムのインストールを求められますので「詳しい情報…」をクリック

Javaをダウンロード&インストール

Javaをダウンロード&インストール
Javaをダウンロード&インストール完了

シリアル番号を入力
※インストール時に入力がはじかれても、ここではOKとなります。

ライセンス認証はできません。そのままOKで。

インストールが完了しましたので、さっそく起動確認していきます。
Illustrator

インストール後、起動

起動すると”プラグインの読み込みエラーです”が出ますので”再表示しない”にチェックすると
出てこなくなります。

但し、起動すると”プラグインが更新されました”と出てきます。
起動するたび(2回に1回とか)に出てくるようになります。

Yosemite AICS4 Fixはインストールしては不可
OS 10.12か10.13くらいまでは、”Yosemite AICS4 Fix ”をインストールすると回避できたのですが、10.14では、こちらをインストールすると”起動しなくなる”ので注意してください。

プラグインの移動

アプリケーション/Adobe Illustrator CS4/プラグイン/Photoshop形式/PhotoshopExport.aipをプラグインの外へ移動します。これで起動するたびに出てきた”プラグインが更新されました”がでなくなります。

Illustrator CS4で致命的なのは、Photoshop形式(.psd)が読み込めないことです。
10.13くらいまでは、Yosemite AICS4 Fixで回避できたのですが。他画像形式での運用では問題ないかと思います。

※あくまでの個人的感想ですので、ガッツリ使用すると不具合が出るかもです。

Photoshop

Photoshopでの致命的なエラーは特に無いように思います。

※あくまでの個人的感想ですので、ガッツリ使用すると不具合が出るかもです。

Acrobat

Acrobatは起動しても全く何も表示しません。使用不可

Indesign

Indesignは起動するとこうなります。

起動不可ってとこでしょうか。

アップデートに関して

アップデートはできません。接続されていないと思います。

まとめ
  • インストールは可能だが、アップデートは不可。
  • Illustrator/Photoshopは基本的な使用は可能かと思われます。
  • Acrobat、Indesignは使用不可と思われます。
  • フォントなど環境が変わると不具合がでるかもしれない

以上、ご参考まで。

タイトルとURLをコピーしました